引っ越し単身パック料金相場【相場の半額で契約する方法】

私は今までに6度の引越し経験があります。今でも印象に残っている初めての引越しは、上京を決めた時の栃木から横浜への引越しです。
横浜での住まいは家具・家電付きのレオパレスに決めていましたので、実家から運び出す荷物は最小限です。
当時、若かった私は赤帽を選びましたが、今になり思い返してみますと、中々の渋い選択だったと感じます。
しかし、赤帽を選んだのには理由があります。最小限の荷物の中には、愛車のスクーターが含まれていました。
赤帽は、スクーターをきちんと横浜へ連れて行ってくれる事と予算の合致があり、私の条件を満たしてくれていたベストな業者さんだったのです。
引越しの当日、トラックに積まれた荷物達は、カバーシートに止め紐という軽装な様子で旅立って行きましたが、無事に横浜で再会を果たす事が出来ました。
あれから10年以上が過ぎました。時折、赤帽の車を見かける事があります。そんな時、あの上京する時の期待と不安の入り混じる何とも言えない気持ちが思い出されます。
様々な想いと共に連れて行ったスクーターは、結局の所、横浜での出番は2〜3回程となりました。国道1号線は田舎の道しか走った事のない私にとって、レベルが高すぎたのです。
間もなくして、再度赤帽にお世話になり、実家へスクーターを戻すという結末になるのでした。
今日も、引越しのトラックの数だけ、人間ドラマが生まれています。

埼玉県から兵庫県まで、一泊二日の長距離引っ越し

数年前、夫の仕事の関係で、「埼玉県浦和市」から「兵庫県西宮市」まで引っ越ししました。
これまで(独身時代の引っ越しも含めると)引っ越しの経験は多数ありましたが、
関東地方から関西地方への、長距離引っ越しは、初めての経験でした
引っ越しした人数は夫・私・子供の3人家族です。
費用は、3月下旬という引っ越しのピークシーズンということもあり、30万円くらいかかりました。
長距離だということ、そして引っ越し業者が一年間で一番多忙な時期ということもあって、
引っ越し費用の価格交渉はほぼ不可能で、引っ越しを引き受ける提案をいただいた業者も少数という状態でした。
ちなみに、引っ越し費用の提案額は、どの業者も同じような金額でした。(30万前後)
我が家は、営業マンのイメージが良かった「アート引越センター」にお願いしました。

引っ越し先のエリアは、私が関東出身ということもあって、
「関西人以外も多く住んでいるエリア」「都市部へのアクセスがよいエリア」「私が想像する関西ならではのおばちゃんが少ないエリア(怖いイメージがありました)」で検討したところ、兵庫県西宮市になりました。
引っ越し前の1月前半に数日間訪れ、不動産屋をまわり、新居を決めました。

引っ越しについて、長距離になるので、1日では終わるはずもなく、一泊二日がかりとなりました。
初日は、朝から引っ越し前の自宅から荷物の運びだし、そのままトラックは高速道路で移動します。私達は、新幹線で移動し、夕方には関西に到着しました。
二日目は、引っ越し後の自宅へ荷物の運び入れを朝から行って昼過ぎに終わりました。その日のうちに、だいたいの荷ほどきを行い、なんとか長距離での引っ越しが終わりました。

引っ越し後、慣れない関西での土地での生活にもすっかり馴染むことができ、今では大阪のおばちゃんも怖くなくなりました。(関西に引っ越してから、関東地方のテレビ番組の「大阪のおばちゃん」のイメージは「やりすぎ!」だと気づきました。実際は、気さくで優しい方が多いですよ。)

引っ越しで参考になったサイトたち
1.格安引越しセンター
2.WiMAXキャンペーン比較